アトピーは原因別で治療する|症状を悪化させない工夫

かゆみを抑えるには

困る女性

アトピーを改善する効果のある乳酸菌が多く配合されているサプリを飲むと、腸内環境も整えられるのでアトピーの症状を抑えることができます。アトピーに良い保湿剤には様々なタイプがありますが、お勧めはチューブタイプです。

詳しくはこちら

皮膚の炎症を防ぐ方法

ドラッグ

原因は様々にあります

アトピーとは、皮膚に激しい痒みを伴い、炎症を起こした状態が長く続く症状のことをいいます。赤ちゃんの頃に発症することが多く、掻きむしってしまうため、なかなか炎症が治まらないことがあります。アトピーの原因は色々とありますが、その原因の1つに遺伝的な要素があります。両親などにアトピー体質の人がいたり、アレルギーを多く持つ人がいると、その子供にも遺伝して発症する確率が高くなります。また皮膚の炎症だけでなく、食べ物にもアレルギー反応が出る人も多く、悩みを抱えたお母さんはたくさんいます。治療については、基本的に塗り薬を使うことが多いです。ステロイドが入ったものが多く、激しい痒みを抑えることができます。赤ちゃんにも、弱いステロイド薬を使います。

清潔と肌のケア

アトピーは、皮膚を守る免疫が弱い赤ちゃんの頃に発症しても、成長するにつれて治癒することもあります。また、アトピーになってしまっても、ケア次第で症状を悪化させないようにすることもできます。例えば、住環境についてです。普段過ごしている部屋には、ダニやハウスダストが多くいる傾向にあります。これらが多くいる中での環境は決して良いものではなく、皮膚トラブルを増幅させることもあります。そのため、普段からこまめに掃除を行って清潔に保つことが大事です。その他には、ストレスを減らすことも大事になってきます。思春期頃になると、社会的な要因でアトピーが悪化することがあります。疲れが溜まっている時にひどくなりやすいので、精神的な環境も整えることが大事です。

皮膚病を考える

お花

アトピーは非常に治りにくい病気ですが、自宅で食生活や生活習慣を見直すことで、症状を緩和させることが可能です。アトピー向けの健康食品・サプリメントを選ぶ際は、自分の症状や体質に向いている製品を選ぶようにしましょう。これは期待した効果を得る為に大切なことです。

詳しくはこちら

日常的に気をつけたいこと

笑顔

アトピーは様々な要因があってかかる病気です。一度罹患したそれを悪化させないためには、常日頃からの対策が肝要となります。しかし、そのことばかりを考えていると強いストレスとなり、病状を悪化させかねないので、あまり思い詰めないようにしましょう。

詳しくはこちら